共有名義不動産の売却方法とそれぞれのメリット・デメリット

権利者の同意を取り付けて共有名義不動産は売却

共有名義不動産の売却で一般的なのは、権利者全員の同意を取り付け不動産全体を売却する方法です。
権利者全員の同意を取り受ける売却方法のメリットは、相場通りの価格で共有名義不動産を売却できることです。
売却益は権利者間で持分割合に応じて公平に分配できるので、共有名義不動産を処分するときにもスムーズになります。
デメリットとしては、一人でも反対する人がいると共有名義不動産の売却ができないことです。
夫婦など少人数で所有している共有名義不動産なら同意を取り付けるのも比較的楽ですが、マンションなど大人数で所有している場合は、一人ひとり交渉をする必要があるため取り付けるまで時間がかかるのもデメリットでしょう。
また不動産売却に必要な経費などの諸費用も、全て持分割合に応じて負担をしなければいけません。
こうしたデメリットはあるものの、権利者の意識が同じ方向を向いているなら共有不動産の売却で最もおすすめな方法です。

共有名義不動産を自分の持分だけ売却

共有名義不動産の権利者全員から同意を取り付けられないときは、自分の持分のみを売却することもできます。
自分の持分のみを売却する方法には2種類あり、一つは共有名義不動産とは無関係な第三者への売却です。
第三者に売却する場合は、共有名義不動産の持分売却を取り扱う専門業者もあるので、そうした専門業者に相談をすれば買い取ってくれます。
ただし第三者にを売却する方法は、買取価格が大幅に下がるのがデメリットです。
また買取をした専門業者の中には、他の権利者に買取を強引に持ち掛ける場合もあるので事前に連絡しておかなければいけません。
もう一つの共有持分のみの売却方法は、他の権利者に売却することです。
共有名義不動産を活用している権利者なら、共有持分が増えることに大きなメリットがあります。
そのため売却の話を持ち掛ければ応じてくれる可能性は高く、第三者に売却するよりトラブルに発展しにくいのもメリットになります。

まとめ

共有名義不動産の売却方法は、基本的に同意を取り不動産全体を売却するか自分の持分だけ手放すかのどちらかです。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、目的に応じた売却方法を選ぶと良いでしょう。
またこの2つの方法以外にも持分割合に応じて分筆する、リースバックを利用するなどの方法があります。
メリットとデメリットを考えつつ、様々な方法を比較しながら共有名義不動産の権利者同士で話し合い、スムーズに売却を進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。